トレーニングの解説

ケーブル・インクライン・フライ

全身バルキーなM君ですが、大胸筋の発達に不満があるようでいろいろと工夫されています。
この日はケーブルを使ったインクライン・フライに取り組んでいました ↓


フォームが適切であれば、肩の関節の角度が変化しても大胸筋から負荷が逃げにくいのが特徴です。
個人的にケーブル・フライ種目で一番重要なポジションは、手と手が触れ合うようなフィニッシュポジションであると考えていますが、そのポジションで肘が曲がってしまって大胸筋に上手く効かせられない人が多いです。
その場合は、フィニッシュで手を小指同士がくっつくようにする(前腕の回外)と肘が曲がりにくくなって大胸筋の内側(胸骨部)に的確な刺激を与えられると思います^^ ※写真下のような手の向きです。

関連記事

  1. がんばる会員さま

    筋肉は伸びない?

    日本語の表現は難しいというハナシです。筋肉が活動することを「収縮」と…

  2. がんばる会員さま

    思春期からの筋トレについて

    KENKODOは中学生から会員としてトレーニングして頂けるので、常に数…

  3. トレーニングの解説

    ケガからの回復にも筋トレ

    ジムでの筋トレはお腹を引っ込めたり、ガンガン鍛えたり、健康体力増進を目…

  4. トレーニングの解説

    片脚バランススクワット

    今夜もがんばるJC柔道部員メンバーさん×2名バーベルスクワットの重量…

  5. トレーニングの解説

    基本の筋トレで体幹も強くなる

    運動に縁の無い成人から小学生まで知っている「体幹」という単語ですが、ト…

  6. トレーニングの解説

    五本指シューズ

    最近ランナーを中心に話題となっている 五本指シューズ です。 伊勢…

最近の記事

アーカイブ

  1. 競技大会

    59.9kg! ギリギリセーフ(^-^;
  2. トレーニングの解説

    「痛みの悪循環」には筋トレを
  3. サプリメントの解説

    アスリート専用「粉飴」
  4. 競技大会

    写真映え、撮影スポットの工夫
  5. トレーニングの解説

    マッスルメモリー
PAGE TOP