トレーニングの解説

首の横に「山」を造ろう!

柔道やレスリング、相撲取りの首の両側には大きく発達した筋肉=僧帽筋がよく目立ちますよね。
この「強さの象徴」のような「僧帽筋の発達」にこだわりを持つ筋トレ愛好者は多いです。
その御多分にもれず、山のような僧帽筋をめざしてトレーニングに励む某ジムメンバーさんは、一般的な僧帽筋の種目であるシュラッグでは効かせられないとのことで、こんな方法をオススメしました


Wバーを使ったリバースシュラッグです。 
動作は肩甲骨を上げる(挙上)よりも、背中側に寄せる(内転)ようにした方が僧帽筋の中部~上部繊維に効かせやすいと思います。 ※肘を後方に引くような動作です。
体験して頂いたところ、今まで体感したことが無い部分に刺激が入ったとのことでした(^_^)v
個人的にはアンダーハンドグリップで握った方がやり易いです^^

関連記事

  1. トレーニングの解説

    家庭用ラットマシン

    自宅で背中のトレーニングをするために、ラットマシンが欲しいとの要望を受…

  2. トレーニングの解説

    拷問かも(笑)

    腹筋マシンでシックスパック(6つに割れた腹筋のことです)を目指して…

  3. がんばる会員さま

    アップライトロウをワイドグリップで

    一般人には意味不明なタイトルですが(笑) メンズフィジークの広まりとと…

  4. がんばる会員さま

    フロントレバーをやってみた

    恥ずかしながら会員さんから教えられるまで「フロントレバー」という【技】…

  5. がんばる会員さま

    自体重トレーニングは高齢者にこそ

    近年高齢者が積極的に筋トレに取り組むようになられたのはたいへん喜ばしい…

  6. ダイエット

    「花より団子」の後は運動しましょう

    津市も桜の満開が近く、お花見に出かける人が多いでしょうね、中には花より…

最近の記事

アーカイブ

  1. トレーニングの解説

    「ひねる」を鍛える
  2. がんばる会員さま

    OLさんのお昼事情?
  3. 筆者のこと

    たまには優雅に
  4. 競技大会

    グアム大会所感「女子フィジーク&ボディフィットネス」
  5. がんばる会員さま

    握力にこだわる!
PAGE TOP