トレーニングの解説

「コリ」多発エリアに

大きくは肩コリに分類される「肩甲骨の内側のコリ」に悩まされている人は少なくありません。 なにかモノが挟まっているような・・・とか、胸の奥が痛むような・・・などの不快感があります。
根本的には身体全体をチェックしなければなりませんが、対症療法としては当該部位のストレッチング、マッサージ等に加えて適切な筋トレもやって欲しいところです。


その一つ、軽めの「リバースシュラッグ」は、肘を後上方に引き上げることができるので、この部位がしっかり使われます。(写真中)
そして最もダイレクトにこの部位が使われるのが「インクライン・シュラッグ」です。 ボディビル的には僧帽筋の中部~下部繊維を刺激する方法として使われますが、コリ対策の場合はコントロールできる重量で丁寧にやる方が良いと思います。

関連記事

  1. トレーニングの解説

    予防に勝る治療なし

    かつては高齢者の定番であった、背中が「くの字」に丸まって、杖を突かなけ…

  2. トレーニングの解説

    ☆腹筋の鬼☆

    誰しも引き締まった腹筋が欲しいものですね。当ジムでも下半身のト…

  3. 競技大会

    「ベンチ何キロ?」と聞かれたら

    筋トレをやっているというと「ベンチプレスは何キロ挙がりますか?」という…

  4. トレーニングの解説

    骨折後の筋トレ

    某メンバーさんは、スノボで鎖骨を粉砕骨折してから10ヶ月あまり休んでい…

  5. トレーニングの解説

    応用力がある「自宅筋トレ愛好家」

    都心部のように通える範囲にトレーニング施設が少ない地方では自宅で筋トレ…

  6. トレーニングの解説

    「ふくらはぎ」はナゼ太い?

    ふくらはぎの筋肉(腓腹筋、ヒラメ筋)というのは不思議なもので、特に運動…

最近の記事

アーカイブ

  1. がんばる会員さま

    春の眠気覚ましにもスクワット‼
  2. その他

    「柔道おじさん」の鍛錬器具
  3. サプリメントの解説

    クレアチン限定激安!
  4. ボディビルの解説

    今年もラスベガスへGO!
  5. トレーニングの解説

    腹筋にこだわる その2
PAGE TOP