トレーニングの解説

スクワットは深~くしゃがもう!

当ブログでは、スクワットの代替種目を取り上げる事が多いのですが、ジムの現場では フツーのスクワット をやって頂いています。
よく取り上げる ランジ や各種マシンを使った脚のトレーニングは、フツーのスクワット を終了後にやるという順番ですね。


で、膝や腰のケガ、痛みなどの事情がない限りは フルスクワット を勧めています。
これはシェイプアップや競技スポーツの補強、ボディビル的な筋肉の発達というよりも、フルスクワットで求められる筋力、柔軟性、バランスが、日常生活において欠かせない要素であるという考えからです。
アンチエイジング とか ロコモ〔ロコモコではない(笑)〕とか サルコペニア といった横文字の対策として、フルスクワットは最も有効であると思います。
これをベースにして、フルスクワットで足らない要素である股関節の屈曲、外転、外旋をランジなどで補強するというのが個人的な理想ですね(^_^)
※脚力が衰えている人は、椅子に腰掛けた状態から立ち上がる方法から開始して、次第にお尻が膝よりも下に位置するまでしゃがむ=フルスクワットができるように進めていきます。
老後の不安は フルスクワット で解消できるかもしれませんよ♪

関連記事

  1. がんばる会員さま

    筋トレに適齢期はあるの?

    英語講師の会員さんによると、世間一般で認識されている通り開始年齢は若い…

  2. トレーニングの解説

    歓迎!体験トレーニング

    今朝は全国的に冷え込んだようですが、秋晴れの気持ちの良い日になりました…

  3. トレーニングの解説

    自宅のバランスボールを使ってお尻まわりを

    バランスボールについてのブログを書くと女子からの反響が多いことから、バ…

  4. トレーニングの解説

    ゆっくり走って痩せよう!

    ダイエット(≒減量)のためにウォーキングに励んでいる女性をよく見かけま…

  5. トレーニングの解説

    筋トレから得られるもの

    ハードトレーニングを終了して疲労困憊のお二人です。ジムでトレーニン…

  6. トレーニングの解説

    背中の厚みを増加 from ホワイトハルク 

    先日のDVD撮影にてホワイトハルクこと下田雅人選手より、背中の厚みを増…

最近の記事

アーカイブ

  1. 競技大会

    ポージング講習会
  2. がんばる会員さま

    バーベル安全対策
  3. サプリメントの解説

    これはプロテインではありません
  4. トレーニングの解説

    自宅で筋トレ(前腕、握力強化編)
  5. 雑記

    新元号もよろしくお願いいたします
PAGE TOP