トレーニングの解説

スクワットにプラスしよう!

常日頃からスクワットの有効性について繰り返し説明させて頂いておりますが、そんなスクワットにも膝の内側すぐ上にある「内側広筋」を十分に強化できないというウィークポイントがあります。
スクワットのようなたくさんの関節(股関節、膝関節、足関節など)を使う種目(複合関節種目)では、もともと強い筋肉に頼った動作になってしまって、「もともと強い筋肉はどんどん強くなる半面、弱い筋肉は弱いままで強化できない」ということが起こり得ます。
その欠点を補うためには、レッグエクステンションを使って膝を完全に伸ばすか(↓左下)、レッグエクステンションが無い場合は足首にゴムバンドを巻いて膝を伸ばしたまま上に持ち上げます(そのまま5秒静止)。


スクワットにこれらの種目をプラスすることで、内側広筋を適切に強化することができるので、特に膝関節痛の対策として筋トレを行なう場合は重要な要素です(^_^)/
※レッグエクステンションでもゴムバンドを使った方法でも、つま先を外側に向ける(股関節外旋)方が内側広筋を意識しやすくなります。

関連記事

  1. トレーニングの解説

    ラップドライバー

    この写真をご覧になって、その用途がすぐにわかるという人はフィットネス業…

  2. トレーニングの解説

    腹筋マンネリ対策(^^)v

    筋トレの種目は数あれど、老若男女、人種を問わず取り組まれるのが『腹筋』…

  3. 競技大会

    パラパワーリフティングの広告

    地方だと分かりませんが、東京に行くと2020年の東京オリンピック・パラ…

  4. がんばる会員さま

    ベンチプレスの手幅について

    トレーニング施設で最も人気がある種目といえばベンチプレスです。KENK…

  5. トレーニングの解説

    ☆経絡をストレッチングその3(大腸経)

    大好評につきまして第三段は「大腸経」を活用したストレッチングです。大…

  6. トレーニングの解説

    筋トレ≒ストレッチング

    「ストレッチング」といっても方法がたくさんあります。例えば学生の体力…

最近の記事

アーカイブ

  1. 筆者のこと

    そう言えば
  2. その他

    幸せホルモンを出そう
  3. がんばる会員さま

    暑熱順化に筋トレを
  4. 競技大会

    会場を傷つけないために
  5. サプリメントの解説

    品切れ回避(^^)v
PAGE TOP