がんばる会員さま

美尻は冬につくられる(その2)

最近の「美尻ブーム」はホンモノのようで、従来定番であった「お腹まわり」以上に「お尻」のカタチを整える筋トレに熱心な女子が急増しています。
美尻対策の基本筋トレ種目は前回当ブログで紹介した、深くしゃがむスクワットやランジ、デッドリフトが代表的ですが、今回はマシンを使って。
レッグプレスマシンでお尻に効かせるには、足の位置を上の方にしてつま先を開くポジションが一般的ですね。 
下ろした時に膝が脇に接近するくらい可動範囲が大きいフォームで行なうと、お尻の筋肉がよく使われます。 そのためには背もたれの角度を立てて、股関節の角度を深く曲げたポジションからスタートすると良いと思います。(↓写真右上)

アダクションマシン(開脚マシン)では、上半身の角度のよってメインに使われるお尻の筋肉の場所が変化します。
・上半身を前のめりのポジションで行なう(写真左)と、お尻の中央部(≒大臀筋)とお尻の深い部分にある筋肉(深層外旋六筋)がよく使われます。
・上半身を後方に倒したポジション(写真右下)では、お尻の横の筋肉(≒中臀筋)がよく使われます。
ようやく12月らしい寒さになってきました。 衣服によってウェストを細く見せたり脚が長く見えたりと、体型のコンプレックスを隠すテクニックは数あれど、お尻をサポートするのには限界があるようですね。
「頭隠して尻隠さず」 などとも申しますが、他のパーツは隠せてもお尻は隠しきれないという意識で頑張りましょう(^^)v ※本来の意味は「悪事や欠点などのある一部分だけを隠して、全体を隠したつもりになっていること」です。

関連記事

  1. がんばる会員さま

    世界王者のベンチプレス指導!

    比較的来館者が少ない土曜日夜ですが、昨晩はベンチプレスの元世界王者がト…

  2. トレーニングの解説

    インナーマッスルの誤解

    今や小学生でも口にする「インナーマッスル」ですが誤解されている点があり…

  3. トレーニングの解説

    微増でプラトー打破だ!

    ベンチプレスの重量が伸びないなどの筋力トレーニングにおける停滞期は「プ…

  4. がんばる会員さま

    脚の日「筋曜日」!

    3連休前日の「筋曜日」には、偶然にも「脚」のトレーニングをやるメンバー…

  5. がんばる会員さま

    野球少年の成長

    KENKODOは中学生からご利用できますが、中学入学から約3年間地道に…

  6. トレーニングの解説

    「膝が笑う」のはどこの筋肉?

    俗にいう「膝が笑う」というのは、階段の上り下りや普段やらない全力疾走を…

最近の記事

アーカイブ

  1. その他

    “タマリンド” というドリンク
  2. トレーニングの解説

    大胸筋上部にこだわる
  3. 雑記

    祝日ですが通常営業です
  4. がんばる会員さま

    筋トレ「ゴルフ部」!
  5. 合戸孝二セミナーの様子

    12/14合戸選手がパーソナル指導に!
PAGE TOP