トレーニングの解説

ダンベルを見直そう

ダンベルを使った筋トレというのは、筋トレ初心者に取っ付きやすい反面、筋力が増すと使われなくなるという特徴があります。
それは1,2kg程度の軽めのダンベルを使った筋トレは安心感が高いので誰でも体験できますが、10kg以上になるとコントロールするのが難しくなることが原因の一つだと思います。


当ジムは初心者からマシントレーニングよりもバーベル、ダンベルを使うフリーウェイトトレーニングを重視して指導しますが、ダンベルよりもバーベルを優先しています。
筋トレのBIG3とされるスクワット、ベンチプレス、デッドリフトでもバーベルが優先ですね。
「自宅にダンベルがあるんだけど使わなくなって埃を被っているんです・・・ 」という人がとっても多いですが、そもそもダンベルトレーニングは難易度が高いので、致し方ないかもしれません。
しかしダンベルにはコントロールが難しいからこそのメリットがたくさんあるので、バーベルやマシンで筋トレに慣れてきた人はぜひチャレンジして下さい(^-^)/

関連記事

  1. がんばる会員さま

    女性の「内ももと腰まわり」にデッドリフト!

    筋力トレーニングの基本種目といえば スクワット ベンチプレス デッドリ…

  2. トレーニングの解説

    「3D」の感覚に集中しましょう!

    以前にトレーニングの最中には鏡を見ない方が良いのではないか、という内容…

  3. トレーニングの解説

    寒稽古や寒中水泳の季節ですね

    「寒中」にあたる今の時期は全国各地で寒中水泳や寒稽古といった催しが行わ…

  4. ダイエット

    「食べ過ぎてない&太ってない」女性たち?!

    無作為に成人女性を対象に「痩せたいですか?」と質問したら、恐らく90%…

  5. がんばる会員さま

    スクワットで「かかとが浮く人」は

    筋トレ初心者の人からは「スクワットで深く腰を下ろすとかかとが浮いてしま…

  6. トレーニングの解説

    背中トレーニングと手首の使い方

    背中のトレーニングとしてスポーツ施設で一般的であるのがラットプルダウン…

最近の記事

アーカイブ

  1. ダイエット

    なんでも食べます
  2. 2013三重県ボディビル選手権

    今年もやるゼ 「部分賞」!
  3. トレーニングの解説

    筋トレが飽きっぽい人も安心?
  4. トレーニングの解説

    男子たるもの
  5. がんばる会員さま

    筋トレで「疲れをとる」には
PAGE TOP