トレーニングの解説

上腕三頭筋のストレッチング

二の腕の裏側に位置する上腕三頭筋は筋肉の場所、カタチがはっきり分かるので筋トレ初心者でもトレーニングで意識しやすい部位です。
しかしそのストレッチングは他人の助けを借りれば容易ですが一人では難しい筋肉だと思います。
特に「長頭」と呼ばれる部位は肘を目いっぱい曲げた状態で、肘を前から頭の方向へ持ち上げなければなりません。これはカタイ人にとっては困難です。(↓写真左上)


そこで(↑写真右上)のように壁などを使って肘を固定すると長頭がしっかりストレッチングされた感覚が得られます。
長頭がカタイと肩の関節の動きが制限されるので、ラケットを使ったスポーツでは肩を痛めやすくなり、肩こりなどの原因にもなります。
またスポーツ選手が補強として取り入れるハイクリーン(パワークリーン)において、肩の高さでキャッチする時に肘が上がらず手首の負担が増します。
(↑写真下左右)重量挙げ選手だったジムメンバーさんが現役時代にやっていたバーベルを使ったストレッチングを教わりました。
上腕三頭筋、手首、背中の筋肉などもストレッチングされますね。

関連記事

  1. トレーニングの解説

    「太もも前ストレッチング」のおススメ方法

    膝を深く折り曲げて「太もも前側」をストレッチングする方法は、膝に違和感…

  2. がんばる会員さま

    持久的な運動もやりましょう

    筋トレ愛好家の中にはジョギングやウォーキングなどの持久的な運動をほとん…

  3. トレーニングの解説

    “一本歯下駄”で調整中

    休暇中はトレーニングも完全オフでしたので、本日は4日ぶりのトレーニング…

  4. トレーニングの解説

    筋肉は使える

    情報過多の現代では、筋トレに関するあらゆる情報が瞬時に手に入ります。そ…

  5. がんばる会員さま

    屋外筋トレの春!

    暑くも寒くなく適度に乾燥しているこの季節は筋トレに最適な季節です。特…

  6. トレーニングの解説

    今からできること

    今日の午前中は個人宅まで出張治療に行っておりました。出張先の70台後…

最近の記事

アーカイブ

  1. トレーニングの解説

    凶器ではありません(^^)
  2. 競技大会

    「達成感」という魅力
  3. その他

    Uバーを使ってみよう
  4. 雑記

    4/9は臨時休館です
  5. サプリメントの解説

    プロテインについての誤解
PAGE TOP