トレーニングの解説

バーベルは重くても持ちやすいのです

昼間はようやく暖かくなってきまして、冬場になまった身体を動かそうとジムに見学に来られる人が増えてきました。
で、試しにバーベルを握ってもらったりするんですが、初めてバーベルに触れるという人も多く 「これは20kgです」 と説明すると、特に女性は 「絶対無理っっ!」 っと拒絶される人が多いですね(笑)
それでも 「まあやってみてください」 と、持ってもらうと・・・・ 
「あれ?意外に軽~い???」という反応がほとんどです 
バーベルという器具は重心が安定していて持ち上げやすいように作られていますので、ある意味世の中の20kgの物体の中で、最も軽く感じるのかもしれません。
たとえば20kgの子ども(6歳くらい)や2Lのペットボトル10本は男性でも重く感じますからね。

↑持ち上げやすいからこそ200kgを超える重さでスクワットやデッドリフトができたりするのです。
その一方で意図的に持ち上げにくいモノを使って鍛えることにこだわるタイプの人がいます↓

トレーニングの効率を考えるとバーベルに軍配が上がりますが、格闘技やコンタクトスポーツにおける身体の強さにこだわる場合は↑のようなトレーニングをバーベルで作った基礎体力にプラスしておこなうと良いという見解がありますね。

関連記事

  1. トレーニングの解説

    ヒップアップを自宅トレーニングで

    海にプールにと、お尻の形が気になる季節が到来しました(^^)/今さら…

  2. がんばる会員さま

    腹筋のストレッチング

    運動会の組体操に向けて立位からのブリッジの練習に励んでいた娘は腹筋に筋…

  3. トレーニングの解説

    「食欲を抑える」ための運動は?

    「痩せたいと思ってウォーキングや筋トレを頑張ったのに、むしろ食欲が増し…

  4. トレーニングの解説

    アキレス腱のケガ

    5歳の娘から 「怪物くんって大野くん(嵐)に似とるよなぁ」 と言われて…

  5. がんばる会員さま

    バランスボールで腹筋をやろう

    長雨に加えて台風と、休みでも自宅から動けない日曜日になりましたね。そ…

  6. トレーニングの解説

    力むトコロと抜くトコロ

    2016/3/19 ケトルベル体験会より公認インストラクターさんから…

最近の記事

アーカイブ

  1. トレーニングの解説

    大切な「体幹」トレーニング
  2. トレーニングの解説

    器具無し筋トレ
  3. ダイエット

    ダイエットにプロテインを活用するには
  4. その他

    会議終了!
  5. 雑記

    フィリピンのサプリメント⁉︎
PAGE TOP